頭金は必要??

おはようございます。

今日は、『頭金は必要なの??』というお話。

住宅購入の際の頭金、これは皆さん非常に気になりますよね。

なにせ人生で最も高価な買い物ですからね。

通常、住宅購入の際には土地代、建物代+消費税、

あと諸費用が必要になってきます。

ハウスメーカー、不動産業者等での契約の際に

各社提携ローンを利用した場合には『頭金ゼロ』で

住宅購入が可能といわれていますが、将来の返済計画を

立てずに無理をしてこのようなローンを組んでしまうと

後々、返済が出来なくなり、最悪の場合には折角購入した

住宅を手放さないといけない場合もありますので、

その場の雰囲気で安易に決定するのではなく

将来の返済計画を十分に検討しましょう。

そのためにも一度、ライフラン表を作成してみて

現状を把握して、将来の返済計画を確認してみてはいかがですか。

将来の返済計画に問題がなければ大丈夫ですし、

問題があるようでしたらは出来るだけ早く問題を解決して

不安を解消しましょう。

また通常、頭金としての自己資金は物件価格の

2割程準備したほうがいい、と言われています。

なぜ、2割なのかというと通常金融機関に融資を申し込むと、

融資限度額は物件価格の8割程度といわれています。

中には9割、あるいは全額融資可能という

金融機関もあると聞いています。

ですので融資額が物件価格の8割だとした場合に不足の2割は

ご自身で準備しなければならないということになります。

それに住宅購入の際には諸費用も必要になりますので

その分も含めると頭金は物件価格の2割から3割程度は

自己資金として準備したほうがいいといわれています。

自己資金がある場合とない場合の毎月の返済額を

以下に比較しています。

*** サンプル例 借入金 3,000万 金利 3.0%  返済期間 35年 ***

頭金借入金毎月返済額総返済額
頭金 なし3,000万115,4554,894万
頭金 (1割300万)2,700万103,9094,364万
頭金 (2割600万)2,400万92,3643,879万
頭金 (3割900万)2,100万80,8183,394万

自己資金が多いともちろん毎月の返済額は少なくなります。

毎月の返済が少なければ生活も楽になりますよね。

では、どのように自己資金を準備すればいいの?

大きく2通りあると思います。

・まずはご自身で準備をする
・ご両親からの応援

ここで、注意して頂きたいのでご自身で準備する場合は

特に大きな問題はないのですが、ご両親からの応援の場合に

注意する必要があります。

ご両親からの贈与の応援で自己資金を準備する場合に

2通りあります。

1つ目は通常の贈与です。

これは1月1日から12月31日までの1年間に受け取った金額が

110万までなら非課税となりますので、この制度を利用して

少しずつ準備していく方法です.

ただし、110万を超えると超えた分に対し贈与税が課税されるので

注意してください。

2つ目は住宅取得資金の贈与の特例です

・住宅用の家屋の新築等に係る対価等の額に含まれる

 消費税等の税率が10%である場合

住宅用家屋の新築等に係る契約の締結日省エネ等住宅左記以外の住宅
令和3年4月1日 ~ 令和3年12月31日1,200万700万
  • 出典:
    直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税/国税庁

このような方法が自己資金準備のための方法がありますので

検討されてはいいのではないでしょうか?

ただ、準備した金を頭金として全額を自己資金として

充当するればいいとうのではなく、万一の場合を考慮して

頭金としての自己資金と、それ以外のお金を病気や失業に

備えて約3ヶ月から6か月分程度の生活費は残しておくように

しましょう。

コメント

コメントする

目次