相続対策の肝心な3つのポイント

おはようございます。

今回は前回の続きで『相続対策の肝心な3つのポイント』のお話。

前回は相続対策の基本的な事をお伝えさせて頂きましたので

今回はその続きで相続対策の肝心なポイントをお伝えさせて頂きます。

相続対策の肝心なポイントは以下の3つになります

・相続税の節税対策

・相続税の納税資金対策

・『争族』を回避するための対策

まず初めに『相続税の節税対策』ですが、これは納税すべき相続税の

金額を抑えるかという事になります。一般的によく利用されるのが

『生前贈与』です。金銭の贈与の際には贈与する金額により贈与税が

かかります。この生前贈与という方法は金全を贈与する場合に

贈与者(送る側)から受贈者(受取る側)に対して年間110万円までで

あれば税金が免除されていますので、早い段階でこの生前贈与を利用する事で

財産の総額を減少させる事が可能となります。

その他にも節税対策がありますので、詳しくはお問合せ下さい。

2つ目は『相続税の納税資金対策』です。

相続税の納税資金をどの様にして準備するかという事になります。

一般的には生命保険の活用が効果的といわれています。

ただ、生命保険の保険金を非課税で受け取るには契約する保険の種類や

契約方法により異なりますので十分に注意してください。

最後に『争族を回避するための対策』です。

これは、どうすれば円滑に遺産分割を行えるかという事です。

最近ではこの遺産分割が最も重要で、相続人の話合いで決める事が出来れば

問題無いのですが最近ではこの遺産分割で争族問題が多く発生していると

言われています。この問題を解決するためにも早めに『遺言書の作成』を

検討し、財産の分配の意思表示をしておくのもいいでしょう。

コメント

コメントする

目次