独自技術を持つ工務店。

おはようございます。

今回は住宅建築の際になくてはならない、工務店さんのお話。

皆さんは工務店と聞くとこう思い浮かべるのではないでしょうか?

『地元で小規模で事業を営んでいるお店』というイメージでしょうか?

上記は私の自身の勝手なイメージですのでご了承下さい。

しかし、最近の工務店さんは様々な特色や技術を利用して、

『如何にいい家造りを行うにはどうすべきか?』という視点で

事業を考えている工務店さも多くいらっしゃいます。

今回はその中で2社の取り組みをお伝えさせて頂います。

まず、1社は兵庫県のとある工務店さん。

通常、工務店さんは材料となる住宅用の木材を業者さんから購入、

納品、着工と進んでいきます。家の設計図や構造計算も外注の

業者さんにお願いするのが一般的ですが、こちらの工務店さんは

家の設計、構造計算、住宅建築用の木材の加工までを一貫して行い

また、使用する木材も地元の木材を使用する事で、その木材の

特性を熟知されているので、どこに、どのように使用すればいいのか?

という事も理解されているので、必然的に良い家が完成する事になりますよね。

次の工務店さんはこちらは全国チェーンの工務店さんの紹介です。

こちらの工務店さんは、以前にもご紹介させて頂いたことがあるのですが

その技術というのが『水害に強い家』という事。

どういう仕組みかというと、『水面に浮かぶ筏』のイメージです。

つまり水害等で河川が氾濫し水が流れだしてきた場合、家全体が水の勢いで

流されますが、こちらの工務店の技術で流れだした水の中でも家全体が浮いているのです。

まさに『筏』の様に。ただ、水面に浮いている筏だと水の勢いで流されますが、

流されないように家の四隅に杭を打ち、その杭と家自体をある程度の余裕を持たせながら

固定する事で流されていく事を防止するという仕組みです。

このような仕組みで、水害が来ても家が流されるという最悪の事態も避けられる

という事のようです。この仕組みを一度、こちらの工務店さんにお伺いして

見てみたいと思ています。

これから住宅購入を検討されている方はこのような工務店独自の技術をお持ちで

あれば、その技術を体験してみるのもいいのではないでしょうか?

住宅購入は人生において、高額な買い物でかつ長期に渡り返済が続きますので

品質の良いもの、また無理のない返済計画が必須条件となりますので

十分に検討するようにして下さい。

コメント

コメントする

目次