未収利息の怖さ!!

おはようございます。

今回は前回の最後にお伝えしたように

『変動金利の未収利息について』のお話。

変動金利の未収利息てどんなもの?と思う人も

少なからずいらっしゃるかと思います。

あまり、聞かないですからね。

仮に以下の条件で金融機関から融資を受けると仮定します。

借入金額 3,000万
借入期間 35年
融資金利 0.5%(変動金利)

そして1回目の返済日が来ないままで

金利が以下の表の様に0.5%から3.12%に上昇した場に

それぞれの返済内訳は以下の表のようになります。

0.5%3.12%
毎月返済77,875円117,473円
月利0.5% ÷ 12か月 ≒ 0.0417%3.12% ÷ 12か月=0.26%
月利利息3,000万X0.0417%=12,510円3,000万円X0.26%=78,000円

この表を見て頂いてもお分かりのように、

金利が上昇しても毎月の返済金額が変化しないままだと

ご本人は返済額が変わらず良かった!

と思い35年間払い続け、返済が終わったぁ!

と思っても

『実際のことろ金利上昇分の金利分しか返済していない事』に

なっているのです。

そうしていると、後日金融機関から

『元金が残っているので返済をお願いします。』

というような連絡があるのです。

ご自身では返済が終了したと思っても実際は

利息分しか支払っておらず、元金が残ったままなのです。

上記のケースは変動金利にはこのような見えない注意点を

説明させて頂くための数字です。

現状ではこのような急激な金利上昇はあまり考えにくいですが

変動金利では少し大袈裟ですが、このような仕組みになっている

という事を説明させて頂きました。

コメント

コメントする

目次