最近の住宅事情

おはようございます。

今回は最近の住宅事情について発信したいと思います。

皆さんの中でお気付きの方もいらっしゃるかと思いますが

最近の住宅が黒やグレーの外壁が多かったり、

四角い家が多いと感じた事はないでしょうか?

このような住宅が多いという事は何か特別な理由があるのかどうか

自分なりに調べてみました。

(あくまでも、私見ですので参考にしてみてください)

何故、黒やグレーの外壁が多いのか?

これは、ただ住宅業界でよくある『流行り』みたいです。

この『流行り』について、以前は洋風建築等の流行りもあったそうです。

また、四角い住宅については工期の短縮等が可能であることから、

最近増えているようです。

また、屋根の形状に関しても以前は三角屋根が一般的でしたが

最近は平面の屋根が増えてきているのも特徴ですね。

この平面の形状については、再生エネルギーの有効活用という事で

屋根に太陽光パネルの設置を見据えての形状ではないかと思われます。

なぜなら、平面の方が太陽光パネルを効率的に設置が可能ですからね。

次に外壁が黒やグレーの場合のメリット、デメリットはあるのでしょうか?

まず、メリットですが

・高級感がある

・おしゃれに見える

・変色がしにくく、掃除やメンテナンスのしやすさ、等の理由が多いようです。

では、デメリットはどうでしょうか

・鳥のフンや、泥はね等の白い汚れは目立ってしまう

・外壁の材質の選択を間違うと室内も暑くなりがち、等があげられます。

ただ、汚れについてはこれまでの白系の外壁でも目立つ汚れは目立ってしまうので

黒やグレーの外壁だからという事はあまり関係ないのかもしれませんね。

ただ、最近は外壁の素材についても外壁自身がセルフクリーニングを行い

汚れ付きにくくする機能を備えたものもありますので、一度工務店さんや

ハウスメーカーい問い合わせをしてみるのもいいのではないでしょうか?

住宅については一度、完成してしまうと後から、この部分のイメージが少し違うので

変更したいといっても、簡単にできないのが実情ですので、このような事も

十分考慮して工務店やハウスメーカーの方と慎重に相談しながら、納得のいく

住宅を手に入れるようにして下さい。

コメント

コメントする

目次