変動金利を利用する際の注意点、その2

こんにちは。

今回も前回の続きで住宅ローンの金利タイプで『変動金利』を検討されている方に

利用の際の注意点をお伝えさせて頂きます。

前回は住宅ローンの『変動金利』を利用した際に景気が上昇し変動金利の金利が上昇した場合に

『未収利息』が発生する事をお伝えさせて頂きましたが。今回はもう一つ注意して頂きたい点を

お伝えさせて頂きます。それは、変動金利の金利が現状の金利より上昇した場合に変動金利から

固定金利への変更を検討される方もいらっしゃるかと思いますが、そもそも金利というのは

市場の景気により上昇したり下降したりしますので、もし景気が良くなり金利が上昇すると

住宅ローンの金利も上昇する可能性もあります。そこで注意して頂きたいのが、変動金利の金利です。

変動金利のメリットは固定金利より金利が低い点がメリットなのですが、景気が上昇して金利が

上昇すると変動金利の金利も上昇する可能性があり、そうなると現在、変動金利を利用されている

方が変動金利のメリットが低減するという理由で固定金利に変更しようかと検討される方も

いらっしゃるかと思いますが、その場合『固定金利の金利も上昇する』可能性がある事を

忘れないでください。こういった可能性もありますので、住宅ローンを利用する場合は

将来、このようなケースがあるかもしれないという事も注意しながらご自身にあった

住宅ローンの返済プランを検討するようにしてください。

コメント

コメントする

目次