変動金利の金利は上昇するの?

おはようございます。

今回は住宅ローンの金利のお話です。

ここ最近で、各金融機関の住宅ローン商品の金利の利上げが発表されています。

ただ、この中で変動金利は利上げも無く、現状維持の金融機関が多くなっています。

金融機関側すれば、皆さんが多く利用されている変動金利の利上げをしたいところでは

あるのでしょうが、利上げを行うと他の金融機関への借換が予想されるので

なかなか利上げには踏み込めないのではないでしょうか?

最近では、住宅ローンの金利選択について多くの方がyoutube等で配信されています。

変動金利一択です。

固定金利の方が将来の返済プランが作成しやすい。

等々、さまざまです。

私自身は将来の事も考えると金利は少し高くなりますが、固定金利をお勧めしています。

では、何故変動金利を勧める方が多いのか?いろいろ見ている中で多くの方が仰るのが

『変動金利はここ20年上がっていないですから』でした。

しかし、これはあくまで結果の話となっています。

本当に、この先変動金利の金利があがらないのか?の質問に対して何人の方が

明確な理由を挙げて答える事が出来るのでしょうか?

ただ、私自身、変動金利がダメとは言わないですが、仮に変動金利の利用を検討されて

いるのであれば、メリットばかりに目を向けるのではなく、

むしろデメリットの方に目を向けて、その一つに一つに対処できるように

対策を練っておけば、変動金利を利用している途中で金利の上昇が起こっても

焦る事はないのではないでしょうか?

私自身、他の方の意見も参考にさせて頂こうと思いyoutube等を拝見ているのですが

ある方は、変動金利の金利が上昇した場合には繰上げ返済で金利上昇分の金額を

返済すれば大丈夫とyoutubeで配信されていました。

ただ、この金利上昇が当初の予定よりも上昇幅が大きかったらどうなるの?と

思ったりもしました。

繰上げ返済する金額では上昇分と相殺する事ができないのでは?

このような事も考えたりもしました。

つまり、住宅ローンについては金額も高額となり、期間も長期間になるので

目先のメリットばかりに目を向けるのではなく、デメリットも確認してから

利用を検討するようにして下さい。

そして、

『住宅ローンを利用する場合は決して無理をしないでください!!』

皆さんが住宅購入を検討される理由は

『家族が幸せに暮らせるように』だと、思います。

住宅購入で無理をしてしまうと、

この幸せな暮らしが壊れてしまう可能性が大きいからです。

最悪は、折角のマイホームを手放さないといけない場合も

ありますので注意して下さい。

コメント

コメントする

目次