土地選びのポイント

おはようございます。

今回はマイホームの購入を決めた際に皆さんが悩まれる項目
の一つでもあるかと思われる住宅購入検討エリアがどういった
エリアなのか?というお話です。

注目しておきたいポイントをお伝えさせて頂きたいと思います。

ただ、今回お伝えさせて頂くのはあくまでも
私的な見解ですので『必ずこの通りです。』
という訳ではありませんので、ご了承下さい。

今回はあくまで一般的に考えられるポイントを紹介させて頂きます。

まず、皆さんがどのようなエリアの住宅地を検討されているかというと、
多くは最近開発が多く見られる大規模分譲住宅地、あるいは大規模までは
いかないけれども住宅地、商業地域内のマンション等いろいろあるかと
思いますので、順番にお伝えさせて頂きます。

まず、大規模分譲住宅地、最近皆さんの近くでもこのタイプの分譲地を
見かけられる事が多くなったのではないでしょうか?

大規模までとはいわなくても、数戸単位の小さな分譲地もよく見かけます。

このような土地に住宅建築を検討される場合は開発初期は比較的に
土地購入者の方も少ないために広々とした土地で電線の地中化などにより
日当たりが非常に良い場所に住宅を建築する事になるので、
快適だなと思われるかもしれませんが、しかし分譲地であるが故に皆さんが
購入した区画の両隣に、いずれは別の方が購入すると当初考えていた日当たり等の
条件も必然的に変わってきますので、このような事も想定して間取り等は考えて
設計する必要があるかと思います。

次に、一般的な住宅地でのポイントはその住宅地がどのような場所なのかという事です。

つまり、上記の大規模分譲住宅地であれば、開発のためにある程度
まとまった広さの土地が必要になりますのでどちらかと言えば周りの環境は
静かな場所が比較的多いのではないかと思います。

ただ、一般的な住宅地であれば周りの環境は様々です。

鉄道沿線、幹線道路沿線等いろいろ考えられます。

特に注意して頂きたいのが鉄道沿線の場合にはその鉄道が
JR線か私鉄でかなり異なってきます。

何故ならJR線ですと24時間列車が走る可能性がありますが
私鉄ですと終電から始発までの間に保守作業はありますがJR線のように
24時間走っている事はありませんからこの違いだけでも騒音についても
かなり大きな差になります。

例えば真夜中だと周りも静かなので日中は気にならなくても、
夜は静か周りが静かなので鉄道の騒音もかなりの大きさになりますからね。

また、住宅を建てようと検討している土地が駅や線路から
どのように見えるかも必要です。

なぜなら、日当たりを考えて住宅を建てたけれども、
駅や線路からリビングが丸見えだと、
日中も落ち着かないと思います。

いずれにせよ、どのような土地でも住宅建築を検討されているのであれば、
可能なら工務店の方も同行して頂いて実際の土地を見て頂いてから設計を
始められるのが良いのではないでしょうか?

もし、工務店の方の同行が困難な場合には検討されている土地周辺の
画像等を見て頂いてから設計を始めて頂くのも一つの案ではないでしょうか?

あと、土地購入を検討されている場所に夜、雨の日に一度足を運んで
どのような雰囲気な場所なのかという事も事前に確認をするようにしてみて下さい。

夜はどんな雰囲気になるのか?
雨の日だと周りが冠水する場所があるのかどうか?

如何でしょうか?
あ、なるほどと思って頂ければ有難いです。

あとは、自治体のハザードマップで検討の土地がどのような場所なのか、
という事もあわせて確認するようにして下さい。

いずれにせよ住宅購入は人生の中でも一番の大きな買物ですから
住宅完成後にこんな筈ではなかった、
こんな事とは予想していなかった等、
このようなトラブルを避けるためにも
決して後悔のないように事前準備が大変ですが
幸せなマイホーム生活のためにお役立て頂ければ幸いです。

コメント

コメントする

目次