住宅購入資金はいくらまで借りられる?(その2)

おはようございます。

今日は『住宅購入資金はいくらまで借りられる??』

というお話の続編。

前回は住宅ローンの審査の際にいくつかの項目が

ありその中の『返済負担率』のお話をさせて頂きました。

今回はその審査項目の中のひとつ、『審査金利』のお話。

『審査金利』とは、読んで字の如く審査のための金利です。

審査のための金利とは?と思われがちですが

通常、私たちが目にしている住宅ローンの金利は

住宅購入の際に適用される金利ですが、この『審査金利』は

私達にが目にすることはありません。

と、いうのも金利は金融機関の中で使用されるものなのですから。

では、どのように使用されているのかというと、実際に皆さんから

住宅ローン融資の申込があった場合に皆さんに融資する際の

適用金利での返済可能かどうかの審査に加え、この適用金利より

少し高めの金利で返済可能かどうかの審査を行います。

つまり、この先何らかの社会情勢の変化により金利情勢に変化が

あった場合にも返済が可能なのかどうか?

金融機関も心配です。

言ってみれば、金融機関側のリスク対策という事になります。

では、この数字の対策について私達に何かできるか?

それは

『無理のない返済計画』を考える

という事になると思います。

『無理のない返済計画』については

後日、お話させて頂きます。

有難うございました。

コメント

コメントする

目次