住宅価格が高騰?住宅が購入しにくくなる?

こんにちは。

今回はマイホーム購入のハードルが高くなるかも?というお話です。

最近、『ウッドショック』という言葉を聞かれているかと思います。

なぜ?

どういう事なのか?

簡単にいうと住宅建築の際の材料となる木材価格が高騰してきており

材木が入手しづらい状況の事を意味しています。

では、何故、材木が高騰しているのか?というと

原因の一つに今回の新型コロナウィルス感染症にあるといわれています。

今、日本で住宅建築の際に使われている材木の多くは輸入木材が

使用されています。

今、アメリカでは新型コロナウィルスによってライフスタイルが少しづつ

変化しており在宅勤務への定着化もあると思われます。

この在宅勤務が増えた事により郊外に一戸建てという需要が増えた事や、

経済対策として住宅ローンの金利の低下によりさらに住宅購入の需要が増えており、

住宅建築に必要な材木価格が徐々に高騰してきていると言われています。

今回の新型コロナウィルスで国内産マスクの生産が追い付かず

海外産のマスクが高額で販売されていたり、店頭にマスクが無い状態をイメージ

して頂ければいいのではないでしょうか。

また、もう一つの理由がコンテナ不足も挙げられています。

このコンテナ不足も新型コロナウィルスによってコンテナ所有会社が

手放したために、徐々にコンテナ不足となったともいわれています。

このコンテナ不足により材料となる木材が運べないために、

住宅建築市場において材料不足となり材料が高騰してきているといわれています。

では、この『ウッドショック』はいつまで続くのか?という疑問ですが

現在のところは、具体的にいついつまでに解消できるという見通しは

出来ていないようです。では、住宅購入を検討されている方はどう対処すれば

いいのか?となるかと思いますが、

① 国産木材を使用している工務店さんにお願いしてみる

② 工務店さん選びは慎重に(余裕をみる)

国産木材を使用して家造りをされている工務店さんの場合は今回の

『ウッドショック』木材の材料不足はあまり影響はないかと思いますが、

材料の木材が無いからといって家造りを焦らない事だと思います。

住宅購入における金額は非常に高額となります。

ましてや、住宅ローンを使うとさらに総支払額は増えます。

折角、高額な金額を支払い住宅を購入するのであれば

納得のいく住宅を購入をしたいものですね。

コメント

コメントする

目次