住宅ローンも様変わり!!

おはようございます。

今回は、『住宅ローンも様変わり』というお話です。

先日、BS放送のテレビ番組をみてると住宅ローンは

『固定金利と変動金利、どちらを選択すればいいの?』という内容でした。

この金利選択がどちらがいい?というのは様々な方が

様々な形で発信されています。当日もFPの方と、三井住友銀行の方が出演されていて、

どちらがいいのか?という回答されていましたが

どちらの方も『固定金利、変動金利どちらがいいのと決めるのは難しく

各個人によってどちらがいいのかというのは変わってきます』という回答でした。

私自身も、この考え方に賛同しますし、もし『固定金利』か『変動金利』の

どちらかを選択して下さい、と言われれば将来の返済プランが見通せる

『固定金利』ですね。(これは、あくまでも私見です。)

ここまでの話でどこが『住宅ローンも様変わり?』と思われる方もいらっしゃるかと

思います。様変わりというの住宅ローンの返済方法です。

これまでは大きく分けてローン返済期間に金利が変わらない固定金利と

ローン返済期間に金利が変わる変動金利となっていますが、

近頃、一部の金融機関では『ミックスプラン』という新しいタイプの返済プランが提供されています。

どういう内容なのかというと、住宅ローンの返済に固定金利と変動金利を同時に利用できる

というものです。例えば、住宅ローンの返済金額が3000万円だった場合に

1500万円を固定金利で、残りの1500万円を変動金利で支払う方法や

2000万円を固定金利で残りの1000万円を変動金利で支払う方法が可能になるという事です。

つまりこの『ミックスプラン』というのは固定金利の安定性と

『変動金利』の低金利のメリットを利用するといういいとこどりのタイプの返済プランです。

ただ、この『ミックスプラン』にはデメリットもありますので注意して下さい。

① 契約の際の審査や手数料が重複して必要となる
② 金利上昇のリスク
③ 複数の金融機関での契約はできない。

特に、金利上昇のリスクについては当初は変動金利のメリットを受ける事ができても

市場の金利状況により固定金利と変動金利の差が少なくなってきて

金利差のメリットが受けられなくなるというリスクもあり

また、すこし大袈裟ですが変動金利の金利が固定金利を上回るかもしれないという

リスク(このような事は少し考えづらいですが)も考えておく必要もあるかと思います。

このように、いくつかのデメリットに対して備えておくのと、全く準備していないとでは

後々の対応も変わってくると思います。結果としてこのようなリスクが発生しなければ

それはそれで良かったとなると思います。

このようなことから『ミックスプラン』を検討される方がいらっしゃったら

この点は注意して下さい。

このタイプの返済プランは各金融機関によって扱いが様々なので利用の際は十分に注意してください。

コメント

コメントする

目次