今日はちょっと違ったお話を。

おはようございます。

今回は住宅ローンに関する内容とは
少し違うお話をさせて頂きます。

もうすぐ新年度ですね。

進学、就職等を機会に多くの方が新たな門出に向けての準備が、
整いつつあるのではないでしょうか。

進学、就職に向けて新しい土地での新生活。

また、逆に赴任地から地元に戻られる方もいらっしゃるかと思います。

地元に戻られる方の中で赴任地でこれまで使われてきた

家具や家電製品を使い続ける方、

また地元に戻るのでこれまで使っていた家具や家電製品を

処分する等、色々あるかと思います。

そこで、注意しておいて頂きたいのですが

不要になった家具や家電をどう処分するか?という問題。

処分の方法にフリーマーケットに出品、個人売買等

最近は様々な方法があります。

その処分方法の一つに廃品回収という方法もありますが、

そこで特に注意しておいて頂きたいのが『家電リサイクル法』

という法律です。

『家電リサイクル法』とは簡単に説明すると『

家電4品目』の対象商品は正しく処分することにより

限りある資源を有効に

再利用するために制定された法律です。

つまり、『家電4品目』は

『所定の方法で正しく処分しないといけない』

という法律です。

ですので、むやみに処分することは出来ないのです。

ところで『家電4品目』の対象商品は以下の家電が該当します。

・エアコン
・テレビ(ブラウン管、液晶、プラズマ式)
・電気冷蔵庫・電気冷凍庫
・電気洗濯機・衣類乾燥機

  • いずれも家庭用に限ります *

これらの家電の処分については十分に注意してください。

また、処分方法が不明な場合や引取希望等のご依頼等がありましたら

ご連絡頂けましたら対応させて頂きます。

問い合わせはこちらまで。

コメント

コメントする

目次