もし、住宅ローンの返済が遅れそうになった時の対処法

おはようございます。

前回は、住宅ローン破綻する人の共通点という内容でお伝えさせて頂きましたが

今回は破綻に至る前に何とかする手立てはないか?という事で

『もし、住宅ローンの返済が遅れそうになった時の対処法』

という事でお伝えさせて頂きます。

皆さんは、住宅購入の際には毎月の返済計画を事前にハウスメーカーさんや

工務店さんで作成されてから購入されているかと思います。

中には、毎月の返済額はこれまでの家賃と変わらない金額なら大丈夫ということで

購入される方もいらっしゃるかと思います。(ただ、ごく少数と思いますが)

ただ、私達が生活していく中では、『いつ、何が起こるかわかりません』

実際に、今回のコロナ感染症についても、当初はこれほど大規模で長期間に

及ぶと予測されていた方がいらっしゃたでしょうか?

しかし、現実はコロナ感染症のようなパンデミックの状況下でも住宅ローンの

支払いは待ってくれません。

もし、手元に十分な備えがあれば大丈夫かもしれませんが、

もし備えが不足していたらどうなるか?

はい、そうです。

毎月の住宅ローンの返済が困難になってくるかもしれないのです。

では、何らかの理由で住宅ローンの返済が困難になりそうな場合はどのように

すればいいのか?

残念ながら、こればかりは私達専門家であっても、どうにか出来る事では

ないので、まず返済をしている金融機関に相談して下さい。

ハウスメーカーや工務店ではないの?と思いがちですが住宅ローンの融資は

金融機関から融資をして貰っているので、まず金融機関に相談して下さい。

車を購入した場合でも同じですよね。

車は販売店から購入しますが、支払いは信販会社(ローン会社)へ

返済をされていると思います。これと同じです。

金融機関に相談するのは少し気が引けるので、その前に両親に相談してみようと

思う方もいらっしゃるかと思います。

もしご両親に相談されて数か月分の返済は何とか出来たとしても

それ以降は大丈夫なのか?という問題も発生します。

であれば、最初から金融機関に相談された方がいいと思います。

では、どのように相談すればいいのか?

それは、

『少しでも不安があるようでしたら、現状のままを伝えて下さい。』

金融機関は相談者の方からの内容からいくつかの提案を提示して頂けると

思います。その中から可能な案を選択する事になると思います。

もし、当初は不安があり金融機関に相談した後に

何とか解決出来そうなら、その時点でまた金融機関に連絡をすればいいのです。

金融機関から提示される提案でよくあるのが

・金利の引き下げ

・支払い期間の延長 です

ただ、注意して頂きたいのが上記の様な提案をして頂いて

その案を基に返済計画を再度作成した場合に、もしその返済を守れなかった

場合には折角のマイホームを手放さないといけないケースがありますので

十分注意して下さい。

このように折角、購入したマイホームを手放さいためにも住宅ローンの

返済計画は十分に注意しながら専門家と相談しながら作成していく事を

お勧めします。

これだけは注意!!

住宅ローンの返済が困難になりそうな場合に絶対にしてはいけない事を

お伝えさせて頂きます。

① そのまま放置する

② 住宅ローンの返済額を他から借金する

①の場合、数か月は督促状が届きますがそれでも放置していると

ある日、突然自宅が差押させとなり、自宅の使用が制限されてしまいます。

②の場合、不足分を他から借金してくると、雪だるま式に借金が増え

近い将来破綻して、結果としてやはり自宅を手放さないといけない状態に

なってしまいます。

いかがでした?

住宅ローンの返済は高額でかつ長期間になりますので、

『毎月の家賃と変わらないなら、マイホームを購入しようか?』と

安易な気持ちで購入するのではなく、

皆さんのライフプランを十分の検討し、そのライフプランに沿って

住宅ローンの返済が可能かどうかを専門家と良く相談しながら

返済計画を作成し、『幸せなマイホーム生活』を楽しんで下さい。

最後に、何度もお伝えしているのですが住宅ローンの返済は

高額でかつ長期間になりますので

『決して無理のない返済計画を作成して下さい。』

コメント

コメントする

目次