その見直し、大丈夫ですか?

おはようございます。

今回は家計の見直しについてお伝えさせて頂きます。

皆さんも、これまでに聞いた事があるかもしれませんが住宅購入にあたり、住宅ローン返済の

ために家計の見直しをしてみようか、と考えられるかと思います。

その場合にどの支出の見直しをすればいいのか?

というと一般的には比較的の大きな金額の支出を見直すのが効果があると言われています。

では、その大きな金額の支出のひとつが『保険』です。

住宅ローンの返済にあたり保険契約の見直しを検討される方は多いかと思いますが

その際に注意して頂きたいのが、保険を見直すためにある保険契約の解約をしようとしたところ

結局、別の保険商品に代わり毎月の保険料の支払い金額があまり変わらなかったという事もあると

聞いています。

であ、何故そのような事があるのかというと保険会社も利益をあげないといけないので、

上手な説明で別の保険を契約して頂こうとしているのです。

もし、皆さんが保険の解約の為に保険代理店に行かれるのであれば、このようなセールストークに

負けないないで、解約するようにして下さい。

また、先日ある生命保険会社に金融庁が『業務改善命令』を出したという記事がありました。

その内容は法人向けのある保険商品の『不適切販売』という事のようです。

このような事から保険商品については、各商品の内容を保険販売の方ですら理解できていなかった

という問題があり、また保険業界のモラルの低下とも言われています。

このような事から、全ての保険代理店や保険販売員の方全員がそのような方ばかりではありませんが

一部にこのようなケースもあるのだという事も事前に知っておくのもいいのではないでしょうか?

先程の例のように保険の解約の為に保険代理店に行かれるのであれば、まずは保険の解約の手続きを

行い、その後時間を空けて再度別の保険に加入するというのも遅くはないと思います。

先程の例えではありませんが、保険を解約するつもりが、結局別の保険商品を契約してしまった、

となると保険の見直しの効果が少なくなりますからね。

家計の見直しの際にも注意をして下さい。

コメント

コメントする

目次