その『資金計画』大丈夫ですか?

おはようございます。

前回は『住宅ローンはいくらまで借りられるの?』というお話をさせて
頂きましたが、今回は『その資金計画、大丈夫ですか?』というお話です。

皆さんが、住宅購入を検討する場合に必ず気になるのが住宅購入後の返済計画です。

住宅購入を検討する場合に工務店さん、ハウスメーカー、金融機関等で住宅ローンの
返済計画についての相談等をされるかと思うのですが、その場合に注意して頂きたい
のが、その『毎月の返済額の内訳』です。

つまり、返済額の内訳については、ただ単に物件価格に利息分を加算した金額を
返済回数で分割した金額が、現在賃貸住宅等にお住いの場合の家賃と同程度の
場合なら支払金額が大して変わらないから、いいかな?と思われるかもしれませんが
その考え、少し待って下さい。

と、いうのもその提示された金額は現在の状態がず~っと続いた場合
(例えば、勤務先や年等が変わらなかった場合等)の金額という事になります。

しかし、実際はお子様の誕生や家の定期的なメンテナンス等のお金も必要に
なってきます。

住宅購入前にこの様な事を事前に踏まえて返済計画を作成されていれば
良いのですが、この様な事を考慮せずに返済計画を作成していると毎月の
返済金額にプラスしていくらかの金額が必要になってきますので、
この金額が致命的になってくる場合もあります。

というのも、一般的に住宅ローンの返済金額は毎月のお給料の2~3割が
目安と言われています。もし、毎月の返済金額がその目安の金額ギリギリの
ばあいだと、追加で支払い金額が増えた場合に家計を圧迫する可能性が出てきます。

このような、状態を防ぐためにも住宅購入を検討する場合は、事前に
将来起こりえそうな様々なイベントを考慮して返済計画を作成する事を
お勧めします。この将来起こりえそうなイベントを考慮せずに、返済計画を
作成すると毎月の返済額が思った以上に増加して、返済が遅れがちになると
最悪の場合には、折角購入した住宅を手放さないといけない事も起こりえるのです。

ですので、住宅購入の際の返済計画は将来のイベントを考慮して作成する
必要が出てくるのです。

では、どんなイベントがあるのか?というと、一番大きいのがお子様の誕生です。
お子様もおひとりなのか?、おふたりなのか?で大きく変化します。

さらに、大切なのが住宅のメンテナンス費用も必要になってきます。
住宅も年数が経つといろいろな場所の修理、メンテナンスが必要になってきます。

あとは、車の購入や家族旅行等も考えておかないといけないかもしれないですね。

つまり、現在から約50年後位まで先を見据えた将来設計を考えた上で、
住宅の金額とは別にこのように他にも必要な金額を加えたトータルの金額で
返済金額を算出していく事が非常に大事になってくると思います。

では、どのようにしてこのようなプランを作成していけばいいのか?というと
やはり専門家と一緒になって考えていくのが良いと思います。

やはり、第3者の人が入って相談するのとしないとでは結果に大きな差が
出てくる可能性もありますからね。

皆さんの中で住宅購入の資金計画の相談先を検討されているのであれば
お問合せ下さい。出来る限りのお手伝いをさせて頂く事で、
皆さんの住宅購入の手助けが出来れば幸いです。

コメント

コメントする

目次