その『ライフプラン表』大丈夫ですか?

こんにちは。

今回は『そのライフプラン表は大丈夫ですか?』という内容です。

どういうことかと言うと、皆さんが住宅購入を検討中にモデルハウス等へ見学に行かれるかと思いますが

その際に現地の営業マンの方から『無料で住宅購入の際の資金計画表を作成させて頂きますよ。』と

声を掛けられるケースがあると思います。資金計画表を作成して頂く事自体問題はないのですが、

問題はその『ライフプラン表』の内容です。つまり、モデルハウス等の営業マンの方は1件でも多くの

契約をしてもらえるような営業されると思います。何故なら住宅販売が営業マンの方の仕事ですからね。

『ライフプラン表』はその契約の一つのツールでもあります。その『ライフプラン表』が各項目に

おいて詳細に設定されてるのであればいいのですが、場合によってはその『ライフプラン表』が

住宅を販売するために作成された『ライフプラン表』である場合があるのです。

どういうことかといいますと、通常『ライフプラン表』はその人、あるいはご家族全体の将来に起こりえる

であろうイベント等を予測しながら、そのためにはどの様な生活設計をしていけばいいのか?を

考えるために作成されるものです。そのためには、やはりそれなりの時間が必要になってくると思いますが

作成する人によってはその場でヒアリングしながら作成、完成させる方もいらっしゃるようです。

その場で完成出来る事は良いのですが、問題はその『ライフプラン表』の中身です。

このようにその場で作成、完成された『ライフプラン表』は細かな項目を確認すると、これは無理なのでは?

と、考えさせられる事があります。それは生活費等の項目です。

例えば、これまで毎月5万円必要だった生活費が『ライフプラン表』では2万円とかで計算されてる場合が

あるのです。これだと住宅を購入する事は出来ても生活が出来ない、何のために住宅を購入したのか?と

なってしまいます。車や家電製品であれば買い替えたいと思えば比較的容易に出来ますが、住宅ともなれば

そう簡単にはいきません。ですので、モデルハウス等で『ライフプラン表』を作成して貰った結果、

営業マンの方から『〇〇さんなら住宅を購入しても大丈夫ですよ。』と言われても、一度ゆっくり各項目が

ご自身の現在の生活様態と大きく変化していないか無理な数字で設定されていないかを十分にチェック

するようにして下さい。このように住宅を販売するために数字合わせのライフプラン表を、私自身は

『なんちゃってライフプラン表』だと思っています。もちろん、全ての営業マンの方がこのような方ばかり

ではありませんので、最後に付け加えさせて頂きます。

皆さんも住宅購入の際には決して無理のない返済計画を作成するようにして下さい。

コメント

コメントする

目次