『連帯保証』と『連帯債務』の違いは?

おはようございます。

今回は前回お話させて頂いた中の一つで

『連帯保証』と『連帯債務』についてお話させて頂きますので

皆さんの参考になれば幸いです。

『連帯保証』と『連帯債務』については皆さんもなんとなくわかるけど

詳しくはちょっとぉ~、と言われる方もいらっしゃるのではなでしょうか?

そのような方もこの機会に2つの言葉の違いをはっきりさせておきましょう。

そうでないと、後々住宅ローン等を組んだ時等、この言葉の理解の違いで

大きなトラブルになりかねないので注意をして下さいね。

まずは、皆さんも比較的耳にする機会がある『連帯保証』について。

この『連帯保証』については皆さんも耳にする機会が多いと思います。

身近なところでいえば、ご家族の方が車等を購入する時によく『保証人さんを

付けて下さい』と言われる事があると思います。この時の保証人というのが

この『連帯保証』をしてくれる人という事になります。

つまり、住宅購入を例としてお話させて頂くと、住宅購入後に

主たる債務者(今回ですと住宅を購入した人)がなんらかの理由により

当初予定していた返済が出来なくなった場合に代わりに『保証人』の方が

『主たる債務者』の残りの支払いを行うという仕組みになっています。

万一、金融機関から連帯保証人に、返済を求められる状態になっても

「先に主債務者に請求してください。」とは、言えませんので注意して下さい。

ただ、注意しておいて頂きたいのが『連帯保証人』は債務者とはならないので

住宅ローン控除等は利用できませんので注意しておいてください。

一方、『連帯債務』は、主債務者と連帯して同一の債務を負う、という事なので

連帯債務者は主債務者と同一の立場となるという事になります。

連帯債務は夫婦の一方が主たる債務者となり、もう一方が連帯債務者となりますので

夫婦のいずれも債務者として、金融機関に対してローンの返済義務を負います。

また夫婦二人とも債務者になるので、年収比率や住宅の持ち分割合に応じて

住宅ローン控除を受けることが出来ます。

コメント

コメントする

目次