『家造りで資産運用??』のお話

こんばんは。

今日は『家造りで資産運用』のお話。

『家造りで資産運用?』

『どういう事?』

と思われる方もいらっしゃるかと思います。

少し前に『老後2000万円問題』という話が話題になりました。

家を購入して2000万円も貯金が出来るの?

と、疑問に思われる方もいらっしゃるかと思います。

もちろん、1、2年の短期間で上記の金額が貯金出来る可能性は

ゼロでは無いですが、確率は非常に低いと思います。

宝くじ等の1等が当たった!!となれば比較的短期間で高額のお金を

手に入れる事が可能ですが、確率は非常に低いですよね。

では、どうしていけばいいの?

となりますが、少額のお金を少しづつ『長期期間で増やしていく』

という事です。

では、初めにどのようにその投資のための少額のお金を捻出すれば

いいのか?

それは比較的捻出し易いところから捻出する、という事です。

例えば

保険

携帯電話

車、等の支払い金額を見直してみると比較的少額であれば捻出しやすい

項目になります。

あと、意外と思われるかもしれませんが、

『家の造り方』です。

どういう事?となりますが

『ゼロ・エネルギー・ハウス』という考え方です。

つまり、住宅全体で太陽光等を利用して創り出すエネルギーを、実際に使用した

エネルギーよりも多くするという考え方です。

つまり、『創り出すエネルギー量 > 実際に使用したエネルギー量』という事です。

この考え方であれば、実際に光熱費としての支出が減少すれば、少額の金額であれば

捻出が可能になるのではないでしょうか?

捻出出来た金額にもよりますが、以下に毎月の積立金額と利回りによって

どの位結果が変化するのかを表にしてみましたので、参考にしてみて下さい。

年利 3%

期間 30年

複利方式 年複利

毎月積立金額1万円3万円
税引後元利合計約520万円約1,580万円

上記の表については、あくまで参考の金額となります。

また、運用実績についても保障されるものではありませんので

ご注意ください。

如何でしたでしょうか?

期間は30年と長期間ではありますが、2000万に近づいていると思います。

また、今後は高齢化が進み、人々の寿命も延びてくると、この金額では

不足するかも?という問題にも対処出来るように、準備が必要かと思います。

家造りに関しては、各工務店やハウスメーカー等で、それぞれ得意分野が

あると思いますので、相談されるのもいいのではないでしょうか?

コメント

コメントする

目次