『家を建てようとしているその土地、大丈夫ですか?』

おはようございます。

今回は、これから家を建てようと考えている土地について問題がないかどうかについて

お伝えさせて頂きます。どういう事なのか?

それは『接道義務』(セツドウギム)です。

この『接道義務』がどのようなものなのかについてお伝えさせて頂きます。

現在、日本の建築基準法では「道路の幅が4メートル以上の道路に少なくとも2メートル以上接していないと

いけない」と決められています。ただ、現実的にこのような条件があるとなかなか家がて建てにくいとう

ケースが多々あります。そこで少し条件を緩和して都道府県知事や市町村長が指定したものについては

4メートル未満の道路でも道路として扱う事ができました。これで、家が建てやすくなりました。

このことを一般的に『2項道路』あるいは『みなし道路』と呼ばれています。

ただ、この2項道路に接する場所に家を建てる場合にはいくつかのパターンがあります。

そのパターンの一つは4メートル未満の道路の中心線から2メートルさがった場所を道路との境界線と

することになっています。このような土地ではど道路と家の間に少し余裕を持たせて建てないといけな事に

なっています。このことを『セットバック』と言われています。

皆さんもこの『セットバック』という言葉を聞かれたことがある方もいらっしゃるかと思います。

もし、皆さんが住宅購入を検討した場合に土地をどこにするか?と考えられるか問いますが

エリアも大事ですが、実際に家を建てようとしている場所がこのような『セットバック』をしないと

いけない土地なのかどうかという事も事前に工務店さんやハウスメーカーさんに確認をしておく

必要がありますね。そうしないと、家の庭の広さや間取り等が変わってきますので注意して下さいね。

コメント

コメントする

目次