『太陽光発電設備の義務化??』

おはようございます。

今回は東京都で新築住宅において太陽光発電設備の設置義務化についてのお話です。

先日、東京都では今後新築住宅において太陽光発電設備の設置義務化を打ちだされ

ましたが、最初は私自身、個人の注文住宅に対して設置義務を設けるのか?と

思ったのですが、よくよく内容をみてみると住宅メーカー等の施工者側に

対して義務化するとの事。なので、注文住宅や分譲住宅に関わらず対象となる

ようです。ただ、現状では以下のような意見が寄せられていますね。

・太陽光発電設備設置に伴う住宅価格の上昇による住宅購入意欲の低下

・近隣に高層マンションが建設された場合はどうなるのか?

・太陽光発電設備のメンテナンス費用の負担

これらの意見は多くの方が考える内容だと思のですが、

何故このような施策を実行しようとしたのか?

何か小池都知事には考えあるのでしょうか?

ただ、太陽光発電設備に関しては発売、設置されてから約20年位経過しており

当初発売された商品については発電力の低下が見受けられるようなになっており

場合によっては交換等が必要になってきている物もあるそうです。

ある企業が機能の低下した太陽光パネルを回収してリサイクル商品として

再度市場に出回るようになれば設備価格も少しずつ抑えられていくのではないでしょうか?

もし、皆さんが分譲住宅の購入を検討されいて既にその住宅に太陽光発電設備が設置されて

いるのであれば、その太陽光発電についても寿命が何年位で、発電量が十分なのか、

メンテナンスの費用や期間も事前に確認しておくようにしましょう。

また、太陽光発電設備の設置についても皆さんのお住いの地域や家の建てる方角によっても

向き、不向きもありますから設置の際には十分に検討するようにして下さい。

コメント

コメントする

目次