『住宅ローンの金利上昇時の注意点』について

おはようございます。

今回は『金利上昇時の住宅ローン金利の注意点』についてお伝えしていこうと

思います。そもそも、住宅ローン返済中にご自身が現在利用中の金利が少しでも

上昇した場合に事前に何も対策をしていなければ、金利上昇に対応する事が出来ず、

最悪の場合、折角のマイホームを手ばさないといけない、という事になりかねません。

つまり、既に住宅ローンを契約している人とこれから住宅ローンを

組もうと検討されている方では事前準備が少し異なると思いますので、

その辺りについてもお伝えしていこうと思います。

はじめに、これから住宅ローンの利用を検討されている方は

ご自身がどちらの返済方法に向いているのかをまず、確認しておくことが必要だと思います。

住宅ローンには皆さんもご存じの通り大きく分けて固定金利と変動金利の2タイプがあります。

固定金利と変動金利の違いについて簡単に説明させて頂くと

固定金利は返済期間中に市場金利による金利の変動が無く、返済終了まで融資時の金利が

適用されるというタイプ。一方、変動金利は市場金利により借入金利が変動するタイプです。

固定金利を選択される方については住宅ローンの返済が問題なく返済できるかどうかを

必ず確認するようにしておいてください。また変動金利の利用を検討されている方は

『将来金利が上昇するかもしれない』という事を前提にしておいておけばいいのでは

ないでしょうか?つまり、変動金利を利用する際に固定金利との金利差の金額を

手元に置いておくのも一つの方法ではないでしょうか?

ただこの場合、金利差をいくらに見積もるかによって日々の生活に悪影響を及ぼす場合も

ありますので注意して下さい。

では、既に住宅ローンを利用されてる方の場合はどうでしょうか?

手元にある程度の金額をお持ちであれば手元資金で繰上げ返済で元金を減らす方法や

金利の低い住宅ローンに借換を行うかという方法が考えられますが、市場金利が

上昇している中で金利の低い住宅ローン商品を探すのも一苦労かと思います。

仮に、このタイミングで固定金利へ借換をしようとしても、固定金利の金利も

上昇している可能性もありますので、注意が必要です。

また、金利の低い住宅ローンの商品があったとしても実際に借換が出来るのかどうか?

という事も心配になったりもしますよね。

このように、これから住宅ローンの利用を検討されている方は、

この『金利上昇』の場合にいかにリスクを低減させるかを十分に検討するようにして

『決して無理のない返済プラン』で住宅ローンに関する不安を一つでも解消するように

して下さい。

おはようございます。

今回は『金利上昇時の住宅ローン金利の注意点』についてお伝えしていこうと

思います。そもそも、住宅ローン返済中にご自身が現在利用中の金利が少しでも

上昇した場合に事前に何も対策をしていなければ、金利上昇に対応する事が出来ず、

最悪の場合、折角のマイホームを手ばさないといけない、という事になりかねません。

つまり、既に住宅ローンを契約している人とこれから住宅ローンを

組もうと検討されている方では事前準備が少し異なると思いますので、

その辺りについてもお伝えしていこうと思います。

はじめに、これから住宅ローンの利用を検討されている方は

ご自身がどちらの返済方法に向いているのかをまず、確認しておくことが必要だと思います。

住宅ローンには皆さんもご存じの通り大きく分けて固定金利と変動金利の2タイプがあります。

固定金利と変動金利の違いについて簡単に説明させて頂くと

固定金利は返済期間中に市場金利による金利の変動が無く、返済終了まで融資時の金利が

適用されるというタイプ。一方、変動金利は市場金利により借入金利が変動するタイプです。

固定金利を選択される方については住宅ローンの返済が問題なく返済できるかどうかを

必ず確認するようにしておいてください。また変動金利の利用を検討されている方は

『将来金利が上昇するかもしれない』という事を前提にしておいておけばいいのでは

ないでしょうか?つまり、変動金利を利用する際に固定金利との金利差の金額を

手元に置いておくのも一つの方法ではないでしょうか?

ただこの場合、金利差をいくらに見積もるかによって日々の生活に悪影響を及ぼす場合も

ありますので注意して下さい。

では、既に住宅ローンを利用されてる方の場合はどうでしょうか?

手元にある程度の金額をお持ちであれば手元資金で繰上げ返済で元金を減らす方法や

金利の低い住宅ローンに借換を行うかという方法が考えられますが、市場金利が

上昇している中で金利の低い住宅ローン商品を探すのも一苦労かと思います。

仮に、このタイミングで固定金利へ借換をしようとしても、固定金利の金利も

上昇している可能性もありますので、注意が必要です。

また、金利の低い住宅ローンの商品があったとしても実際に借換が出来るのかどうか?

という事も心配になったりもしますよね。

このように、これから住宅ローンの利用を検討されている方は、

この『金利上昇』の場合にいかにリスクを低減させるかを十分に検討するようにして

『決して無理のない返済プラン』で住宅ローンに関する不安を一つでも解消するように

して下さい。

コメント

コメントする

目次